イネ科によるアレルギーの弊害と症状

草取りや庭木の伐採の際はイネ科の植物に注意しよう

イネ科アレルギーの症状はこんなに多い

イネ科植物によるアレルギーは、花粉の種類や個人差によって、症状の現れ方が多様です。そのため、悪化しないように、草取り時は注意が必要です。

アナフィラキシーショックが起こることもある

イネ科の花粉症によって、鼻水や咳の頻発など雑草アレルギーが引き起こされる場合がありますが、酷い時にはアナフィラキシーショックになり、危険な状態に陥る可能性があります。アナフィラキシーショック症状は、重度のアレルギー反応であり、食べ物や薬物などにより起こりますが、雑草の花粉が引き金になる場合もあります。

上記のような症状が見られたらアレルギー検査を受けに行きましょう

庭木の伐採や草取りなどをしていて、イネ科雑草アレルギーによりアナフィラキシーショックになると、血圧低下、意識障害などの症状が出ます。また、短時間に重篤な状態になる恐れがありますので、速やかに適切な対応を取る必要があります。それから、鼻水やくしゃみが止まらないなどの症状が続く場合は、自分がイネ科植物に対するアレルギーであるかを知っておくために、病院で検査することをおすすめします。

TOPボタン
アレルギーの影響について|イネ科アレルギーに注意!草取りと庭木の伐採の必要な理由