草取りと庭木の伐採は除草対策をしておくと便利

草取りや庭木の伐採の際はイネ科の植物に注意しよう

イネ科の草取りは根比べ?~多年草にご用心~

イネ科の雑草は繁殖力が強くアレルギーなどの懸念があります。また、多年草は草取りがしにくい性質がありますので工夫が必要です。

多年草は定期的に草取りを行なう必要がある

草取りをする上で知っておくべき知識の一つに、一年草と多年草の区別があります。一年草は一年間で枯れ落ちてしまう植物です。そして多年草は、冬など成長に適さない時期は、葉や茎は枯れ落ちてしまいますが、根は休眠状態のまま生き続けます。いわゆる宿根草と呼ばれるタイプであり、一見、枯れているように見えますが、草取りが難しい雑草です。そのため、庭木の伐採を定期的に行なう必要があります。しかし、対応が難しい場合は専門の業者への依頼も検討してください。

除草対策で雑草の再生を防ぐ【効果的な除草対策法】

雑草防止シート
雑草防止シートが雑草対策に効果を発揮します。シートを敷くだけで日光を遮りますので、雑草の成長を抑えることができます。また、天然素材と合成素材のタイプがあり、5~6年の耐用年数となります。頻繁に草取りをする作業から開放される効果があります。
砂利の設置
庭などに砂利を敷くことで、除草効果を得ることができます。天然の砂利や人工的に作った砕石を用いることで景観も良くなり、防犯対策にも寄与しますので一石二鳥となります。雑草防止シートと同じく数年程度は雑草が生えなくなります。

倹約ママさんのお手軽除草術

除草剤や大掛かりな雑草防止シートなどを使わなくても簡単に除草できる方法があるんです!料理で残った煮汁やお湯をかけると、地上に出ている雑草がすぐに枯れるんです。ただし、極端にやると植物の成長に必要な土壌細菌や微生物まで殺してしまうので、花壇などは避けてください。もう一つの方法は、100均で買える黒いゴミ袋を敷き詰めること!雑草防止シートと同じ効果が出ます。

便利なグッズを活用

繁殖力が強いイネ科の雑草対策には、防草シートや砂利を使う方法が有効です。草取りがしにくい多年草は定期的な草取り作業が必要です。  

TOPボタン
効果的な草取り|イネ科アレルギーに注意!草取りと庭木の伐採の必要な理由