草取りや庭木の伐採に関する疑問と解決法

草取りや庭木の伐採の際はイネ科の植物に注意しよう

草取り・庭木の伐採に関するQ&A

草取りや庭木の伐採において、疑問となる事項を解決できるように、Q&Aにしてまとめたので参考にしてください。

事前の確認事項

隣接している他人の土地でも作業を依頼できますか?
土地の境界や私有地の草取りは、費用が発生する上に、トラブルの原因となる可能性があります。ですので、双方の話し合いで納得の上で実施することが望ましいと言えます。勝手に処理するのではなく、第三者を交えて双方の合意のもとで、草取りを依頼してください。原則、土地の管理責任者が責任を負っています。そのため、トラブルを避けるためにも、要請は行政へ行なう方法が賢明です。
市販の除草剤でも効果はありますか?
ホームセンターなどで除草剤を簡単に入手でき、除草に有効な製品を使えて便利です。しかし、使い方を間違えると、耐性がない植物を枯らせてしまうことになりかねません。芝、花木に悪影響が出る可能性がありますので、正しい使い方をするように注意が必要です。また、経験や知識がある専門家の意見やアドバイスを、事前に受けておくことをおすすめします。

草取りや伐採で出たゴミは処分してもらえますか?
雑草の草取りで出たゴミ類は、草取り前に処分方法を決めておきましょう。伐採した庭木や草の残骸は、想像よりも大量に発生しますので放置できません。なぜかというと、腐った臭いや害虫発生の原因となるからです。その際は、専門の業者に依頼し、回収の手配を事前にしておきましょう。また、業者に草取りを依頼するのであれば、後片付けまで一緒に依頼することを推奨します。

冬は伐採業者の繁盛期~余裕を持って予約しましょう~

庭木の伐採や草刈りの作業は、草木が休眠期となることが多い冬に行なうと効率的です。背の高い庭木の手入れや草刈りのニーズは同時期に発生しますので、業者に依頼するのであれば早めの予約をおすすめします。できれば夏頃に計画を始め、予約を入れておくことが望ましいと言えます。なぜなら、冬が業者にとって繁忙期となるからです。庭木の伐採や草取りの作業を事前に予約しておくことで、複数の業者から見積りをもらい、コスト的に有利な業者に予約を入れることができて好都合です。

TOPボタン
プロの草取りと庭木の伐採|イネ科アレルギーに注意!草取りと庭木の伐採の必要な理由