お庭の草取りや庭木の伐採方法

草取りや庭木の伐採の際はイネ科の植物に注意しよう

徹底的に雑草対策を行なうためには草取りが効果的

雑草は様々なトラブルを引き起こしかねませんので、徹底的に対策するためにも雑草の根から処理するようにしましょう。

草取りを行なう必要性を知る

害虫対策
草取りを適切に管理せずに放置すると、雑草が害虫の餌場となり周囲の環境へ悪影響を与えます。ゴキブリ、ハエ、ダニ等の発生により、隣近所から苦情やトラブルの原因になりかねません。そのため、庭木の伐採や草取りを定期的に行ない環境保全を行なう必要があります。
臭害対策
雑草の中には、強い臭いを放つ種類もあり、草取りや庭木の伐採を怠っていると、周囲の人に迷惑をかけてしまう場合があります。例えば、強い臭いを出すドクダミは、繁殖力が強いので根気よく除去する必要があります。
防犯対策
雑草を放置していると、見た目の印象が悪いだけでなく、防犯にもよくありません。空き巣や不審者が伸び放題の雑草のなかに隠れやすくなってしまいます。ですので、町内会や役場からも草取りの指導を受けかねません。庭木の伐採や草取りをしっかりと行なうことは防犯対策にもなるのです。

草取りと草刈りは何が違う?

草むしり

草むしりは、根ごと抜く作業ですので時間はかかりますが、草刈りに比べて作業後に再生しにくいといった違いがあります。鎌や草刈り機だと、作業は短く済んでも、すぐに生えてくるのでは困るという方は草むしりをするとよいでしょう。

草取りに関するワンポイントアドバイス

一般の方が草むしりをすると、想像以上に大変な作業であることに気がつかれます。また、根が張って抜きにくく専門の道具が必要な場合があります。その他にも、単調な作業を屋外で長時間行なうので、体力的にも厳しい作業ですし、夏の暑い日などの作業は過酷です。そこで、専門家に作業をお任せいただければ、長年の経験とノウハウにより、リーズナブルな価格で草取りや庭木の伐採を行なってくれます。素人の方が行なうよりも、短時間で作業を終え、仕上がりも綺麗に済ませることができます。

イネ科の雑草には要注意

草取りをしていると、となる場合があります。草取りや庭木の伐採を怠ると、健康被害や近所迷惑などの原因となりますので注意してください。

イネ科アレルギーを引き起こす恐れがある

5月~9月はイネ科植物の開花期間であり、多くの種類の雑草が該当します。また、開花期間も長く、アレルギーを持つ方が発症する可能性も高まります。ですので、健康への悪影響を取り除くためにも、草取りや庭木の伐採をしっかり行なう必要があります。

イネ科の雑草の種類を知る

イヌビエ
水田、道端や荒れ地に生育する一年草で、各所で見つけることができるイネ科の植物です。田植えの前後に芽生え、7-9月頃に結実します。
ヒメシバ
繁殖力が高い代表的なイネ科の植物であり、夏雑草の一つです。道端、空き地に生育し、細い茎を放射状に伸ばして広範囲に増えていきます。
スズメノテッポウ
全国に分布し、水田や道端で良く見られるイネ科の一年草です。細く真っ直ぐ伸びた穂が特徴的です。花粉症をもたらす原因植物とされています。
スズメノカタビラ
秋に芽生え、初夏にかけて開花するイネ科植物です。道端、空き地など各所で見られ、平らな茎、浅い根ですが、繁殖力が高く除草しにくい強害草で、花粉症の原因植物です。
TOPボタン
イネ科アレルギーに注意!草取りと庭木の伐採の必要な理由